中古車輸出ランキング・ベスト10

2019輸出国ベスト10
(2019年間総合ランキング)
(2019年1月~3月データより)
1.アラブ首長国連邦 40,722
2.ニュージーランド 27,694
3.ロシア 25,601
4.チリ 21,785
5.モンゴル 16,042
6.ケニア 15,253
7.タンザニア 14,396
8.ミャンマー 12,391
9.南アフリカ共和国 11,057
10.フィリピン 9,999
あともう少しでベスト10
バングラデシュ 7,248
スリランカ 7,164
ジャマイカ 6,879
ウガンダ 5,680
マレーシア 5,224
2018年間総合ランキングベスト10
(2018年1月~12月データより)
1.アラブ首長国連邦 126,704
2.ニュージーランド 116,252
3.ロシア 95,073
4.チリ 92,558
5.南アフリカ共和国 89,520
6.ケニア 77,267
7.スリランカ 70,882
8.ミャンマー 67,575
9.モンゴル 60,957
10.タンザニア 58,596
あともう少しでベスト10
パキスタン 54,703
フィリピン 38,104
ジャマイカ 29,753
ウガンダ 28,775
バングラディッシュ 25,318

古物商免許

弊社に毎日届く、バイヤーからのオファー情報です。

世界中から毎日多数寄せられるバイヤー情報をそのままリアルタイムで配信いたします。
従って、相手先の詳しい情報は弊社でもわかりません。取り引きの際には、あくまでも自己責任の原則でお願いいたします。

※実際に配信するバイヤー情報は、弊社に届いた生のデータですので、文章中の文字化け、スペルミス、メールアドレスの間違いなど、バイヤーによる入力ミスもあると思われます。上記に関するお問い合わせはご容赦ください。


中古車輸出に必要な資格/免許ってあるの?

中古車輸出をはじめるための資格というのは特にありません。ただ、中古車輸出を行うためには、そのための中古車を日本の国内市場から得なければなりません。日本国内で中古車を取り扱うために古物商免許が必要になります。

中古車輸出に必要な資格/免許
中古車輸出をはじめる上で必要となる免許/資格で必ず必要となるものは、古物商免許だけです。
ほかには特に必要となる資格/免許はありません。

中古車輸出をはじめるのに必要な古物商免許とは、いわゆるリサイクルショップなどが所有しているあの古物商資格とまったく同じものです。中古車輸出は、中古車を海外に輸出するビジネスですから、中古車を取り扱うので「古物商免許」が必要になってくるわけです。

古物商免許は、あなたがこれから中古車輸出をはじめる場所、オフィスなどのある所在地を管轄する最寄りの警察署に行けば比較的かんたんに取得できます。警察署の防犯係にて古物商免許の申請手続きをします。よっぽど悪いことを過去にしていたなど古物商免許の欠格事由に該当しない限りは、申請をすればだいたい1ヶ月以内で許可され取得できます。法人、個人どちらでも申請できますが、個人の方でも屋号などを付けて法人で申請されるほうが今後、中古車輸出の活動をしていく上でも便宜でしょう。

警視庁・古物商申請ウェブサイト
http://www.keishicho.metro.tokyo.jp/

※警視庁の古物商申請される際の説明サイトです。取得、申請の際の参考にご覧下さい。

※税関で輸出申告する際の必須条件ではありません。

日本国内で中古車の仕入れ、買取り、売却をする際には例え輸出目的であっても古物商の許可(申請)が必要です。インターネット上で中古車オークションサイトを運営する場合には、追加で古物競り斡旋業の届出も必要になります。

i-Auc中古車オークション
http://www.bzschool.net/career/i-auc/


コメントを残す